どんなヨーグルトが善玉菌を増やしてくれるの?

最近、毎日の健康習慣としてヨーグルトを欠かさず食べているという方が多いですね。
確かにヨーグルトには乳酸菌が含まれているので、便秘や軟便など腸内環境の改善が期待できます。
ですがたくさんの種類が販売されていて、どれがどう違うのかよく分からないという声をよく耳にします。
折角なら毎日食べるものですから、種類や効果などを詳しく知り、更なる健康維持に繋げたいものですね。

 

なので巷に大量に出回っているヨーグルトの中から、オススメのものを3つほどピックアップしてみました!
どのヨーグルトも一度はスーパーやテレビのCMなどで目にしたことがあるものかと思います。
でもどんな乳酸菌が含まれているのか、どんな働きがあるのか、ということはあまりご存じないのではないでしょうか?
これを機会に今まで続けていたヨーグルトと比較し、今後の参考にしてくだされば幸いです。

ダノンBIO

ダノンジャパンから発売されている『ダノンBIO』には高生存ビフィズス菌BE80が配合されています。
高生存とは胃酸や胆汁に負けることなく、生きたまま腸へと届き定着してくれるという意味です。
普通のヨーグルトに含まれている乳酸菌はほとんどが腸に届く前に死滅してしまうのでBE80は信頼性のある菌だといえます。
ダノンBIOは4カップに分かれており、1カップ1日と食べきれるサイズなので常に新鮮な状態を保つことができます。

 

ヤクルトソフール

 

乳製品業界の大手であるヤクルトから発売されている『ソフール』は、乳酸菌シロタ株が配合されています。
シロタ株とは、ヤクルト創始者である代田稔博士が発見した日本生まれの乳酸菌です。
こちらも生きたまま腸へと届く確率が高く、腸内のビフィズス菌が増加、大腸菌群を減少させる効果があります。
特定保健用食品としても認められていて、1カップの食べきりサイズで販売されています。

 

 

森永ビヒダス

 

森永から発売されいてる『森永ビヒダス』には、ビフィズス菌BB536が配合されています。
ビフィズス菌BB536は他の動物由来のビフィズス菌とちがい、乳児から発見されたヒト由来のビフィズス菌です。
ヒト由来であるため生きている菌の数が多く、その状態のまま腸まで届き、定着してくれます。
450gのビッグサイズなので、家族みんなで食べる場合などにオススメです。また特定保健用食品です。

 

比較表

商品名

値段

内容量

カロリー

乳酸菌の種類

特徴

ダノンBIO

200円前後

80g×4

60kcal(80g当たり)

BE80

高生存ビフィズス菌

ヤクルトソフール

90円(税別)

100ml

92kcal

シロタ株

日本生まれの乳酸菌

森永ビヒダス

210円(税別)

450g

65kcal(100g当たり)

BB536

ヒト由来のビフィズス菌

 

こうして改めてみてみると、それなりに違いというものがハッキリしてきますね。
ですがおなかの中の善玉菌を的確に増やすといった点からすると、ただヨーグルトを食べればいいということではないんです。
ヨーグルトを食べているのに中々便秘がよくならない、腸内環境が改善した実感がないという方は、引き続き下記の記事を要チェックです!


乳酸菌だけじゃダメ!善玉菌にはサポートが必要です!

腸内の善玉菌は非常に働き者なので様々なサポートをして常に活性化させて、数も維持しておきたいものです。そのためにヨーグルトで乳酸菌やビフィズス菌を摂取するということは決して間違ってはいません。ですがそれだけでは善玉菌を効果的に増やすことは難しいのです。

腸内環境を改善するためにはバランスが非常に重要なので、乳酸菌だけでなく色々な要素を摂取しなければいけません。たとえば食物繊維は腸内の老廃物を吸着し排出してくれるため、おなかの中をキレイにしてくれるチカラがあります。そのおかげでポッコリとしたボディラインをスッキリとさせ、お肌のきめも整います。これは食物繊維ならではの効果といえますね。

 

また何より重要なのが善玉菌のエサとなるオリゴ糖も必要なんです。
善玉菌も生きていますから、養分がなければ元気に働くことはできません。
つまり善玉菌をより活性化・増殖させるためには、乳酸菌とオリゴ糖をセットで摂取したほうがいいということになります。

 

とはいえ、オリゴ糖が含まれるヨーグルトはほとんど見かけません。ヨーグルトと別にオリゴ糖を新たに購入する方法もありますが、毎日続けるものとなると出費はばかになりません。
何よりヨーグルトとオリゴ糖をそれぞれ購入・管理する手間を考えると、あまり現実的ではありませんね。
そんな無駄な出費や面倒を掛けることなく、乳酸菌とオリゴ糖を一度に大量に摂取できるサプリメントがあるんです!

 

 

それが久光製薬が通販限定で販売している乳酸菌EC-12
含有している乳酸菌の数は驚きの1兆個!そこに善玉菌の養分であるミルクオリゴ糖も入っているため、確実に善玉菌を活性化・増殖してくれます。
水なしで飲める手軽な顆粒タイプなので、毎日でも簡単に続けられますよ♪

 

ヨーグルトを食べているのにまだ便秘で悩んでいるのであれば、毎日の健康習慣を乳酸菌EC-12に変えてみてはいかがでしょうか?
きっともやもやしていた日々から驚きのスッキリ爽快な日々へと促してくれますよ!

 

乳酸菌(ec-12) トライアル

 


善玉菌を増やす方法として乳酸菌EC-12がおすすめなワケ

乳酸菌EC-12がヨーグルトよりも優れている点をさらに掘り下げてみました。
乳酸菌の質の違いや、含まれているオリゴ糖の効果など調べれば調べるほど、善玉菌を増やしてくれるメカニズムがよく分かります。
この記事を読んで、ぜひ苦しかった便秘生活に終止符を打ってください!

ケタ外れの乳酸菌が腸内環境を根本から改善

乳酸菌EC-12は1袋わずか1gしかないのですが、そこに含まれた乳酸菌の数は驚異の1兆個にもなります。
これをヨーグルトに換算するとその数は100個分にもなり、到底1日で食べられる量ではありませんね。
何故こんなにも多くの乳酸菌を含有させることに成功したかというと、秘密は乳酸菌の大きさにありました。
配合されているエンテロコッカスフェカリス菌EC-12株は非常に小さな球状をしているため、1兆個という量をたった1gの中に凝縮することができたそうです。
そんなに大量かつ、優良な乳酸菌を毎日手軽に摂取できるのは、乳酸菌EC-12だけといっても過言ではありません。

W配合されたミルクオリゴ糖がしっかりと養分になる

こだわりのW配合であるミルクオリゴ糖は胃酸で劣化したりせずに腸まで届き、善玉菌の貴重な養分となります。
そうすることで善玉菌の働きがより活発になり、結果として腸内環境の改善が大きく期待できます。
元気な善玉菌が増えるほど毎日の自然なスッキリへとつながっていくので、便秘で悩む方々にとっては嬉しいかぎりですね。
またミルクオリゴ糖自体にさわやかな甘みがあるため、顆粒の薬っぽさが苦手という方でも美味しく飲むことができます。

ヨーグルトでは不可能な驚きの低カロリー

最初の記事にある表を見ていただくと分かるように、ヨーグルトには平均して60〜100kcalが含まれています。
それだけならば微々たるものかもしれませんが、毎日の積み重ねを考えるとあなどれない数値です。
ですが乳酸菌EC-12は飲みやすいブルーベリー味でありながら、1袋に含まれるカロリーはわずか2.4kcalしかないんです!
たったそれだけのカロリーならば、なんら気にすることなく毎日飲み続けられますね。

購入する前に知っておきたいポイント

いきなり購入するのは不安です…。

いきなり通常価格で購入するのは誰だって不安ですよね。
そんなあなたにオススメなのが、初回限定のお試しコースです!
こちらは30袋入って1,810円(税別)で購入することができます。しかも送料無料だから余計な費用は一切かかりません。
特典として食生活や生活習慣についてアドバイスしてくれる「お腹けんこうBOOK」が付いてきますよ♪

どうやって飲めばいいのでしょう?

顆粒タイプなので水がなくてもどこでもさっと飲むことができます。
もちろん、水やお茶と一緒に飲んでも問題ありません。
牛乳やコーヒー、お酒と一緒でも大丈夫なのであなたのライフスタイルに合わせて摂取してください。

通常製品について詳しく教えてください。

通常価格は6,000円(税別)で61袋、約2か月分が入っています。
こちらも送料無料で商品代金のみなので経済的に購入し続けられます。
ヨーグルトにはない画期的な善玉菌サポートサプリとして、ぜひ毎日の健康を維持してください。

 

 

乳酸菌(ec-12) トライアル